2007年03月10日

「退職願い」と「退職届け」

退職願い」と「退職届け

退職願い」と「退職届け
この二つは似たような言葉だけれど、意味が大きく違うんですね。
伝えたい「退職」という事は、同じなんですが、

何が違うかと言うと、
ニュアンスが少し違う。
これによって、どう変わるか?
「「退職願い」」「「退職届け」」を受け取る会社や企業によっては

なにこいつ?!
って思われたりします。

だから、円満退職を目指したい方は・・・
気をつけましょう!

退職願い」は、申し出てきな感じなので
受け取る会社や企業も
嫌な印象を受けない。

しかし、「退職届け」はある意味
「決定事項」なので、え?!
と思うかもしれません。

なので、一般的には「退職願い」のほうが
好まれるようですね。

だから、会社や企業が用意している雛形。
フォーマットは、「退職願い」であることの方が
多いのではないでしょうか?

わたしが、勤めている会社も
退職願い」のフォーマットがありました。

退職の意を伝える時期ですが、普通に3月末
つまり、年度末に退職するのであれば
企業や会社の方から、聞いてくる。

退職するのであれば、この期日までに言ってください。
など具体的に聞いてくるでしょう。
ちなみに、私の会社は6ヶ月前ほどに
来年度、続けるのか?退職なのか?
聞いてくるので、その時期に退職の意を示せばよかったですね。

聞いてこない場合も、あるでしょうから。
退職を考えたら、確認が必要ですね。
身近な人に確認するもよし!
です。
posted by taisyoku--negai at 08:53| 「退職願い」と「退職届け」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

「退職願いの書式」「退職届けの書式」

退職願い書式」「退職届け書式

退職願い書式」「退職届け書式」について

退職願い書式」「退職届け書式」として、下記のような感じで書かれたらよいでしょう。



退職願い書式」「退職届け書式」のサンプル


            退職願い
                                  私事
このたび一身上の都合により、平成○○年□□月△△日をもちまして退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。

                   平成○○年□□月△△日(記載日)
                   ○○部□□課
                   氏名       印

株式会社○○○○○
代表取締役△△△△△殿



一般的には、上のような感。

ですが、

退職願い」・「退職届け」を作成する前に会社にフォーマットが無いか?確認してください。
会社によってはこの「退職願い」・「退職届け」の「書式」を用意してあるところがありますので。
せっかく「退職願い」・「退職届け」を書いても、書き直して!って言われたら嫌ですもんね。

そういう場合は、会社の用意した「退職願い」・「退職届け」の雛形を使って「退職願い」・「退職届け」を作成してください。

私が、勤めていた会社にもこの「書式」が用意されていました。
先に、確認すれば良かったなぁ・・・。

まず、「退職願い」・「退職届け」を作成する前に会社に確認してみましょう。

それから、「退職願い」・「退職届け」を作成しても十分間に合うでしょ?


posted by taisyoku--negai at 00:25| 「退職願いの書式」「退職届けの書式」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

「退職願いの書き方」「退職届けの書き方」

退職願い書き方」「退職届け書き方

退職願い書き方」「退職届け書き方」について「退職願い」「退職届け」「辞表」いろんな言い方がありますね。

特に、法律で決められているというわけではありません。
どちらにしても、「会社を辞める。」という意思・思いを伝えるもの。

会社・企業に確認するといいですね。
無難なところが、退職願いですね。

退職願い書き方」「退職届け書き方」として
最初に、

退職願い」もしくは「退職届け」と書きます。どちらかを書きます。
退職願いなら「退職願い」。
退職届けなら「退職届け」。

「私事」と記載。
次に、「このたび一身上の都合により、平成○○年□□月△△日をもちまして退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。」
「平成○○年□□月△△日(記載日)」
「○○部□□課」
「氏名       印」
「株式会社○○○○○」
「代表取締役△△△△△殿」

となります。下記のような感じで、「退職願い」もしくは「退職届け」を書いてください。

退職願いの書式」「退職届けの書式」のサンプル


            退職願い
                                  私事
このたび一身上の都合により、平成○○年□□月△△日をもちまして退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。

                   平成○○年□□月△△日(記載日)
                   ○○部□□課
                   氏名       印

株式会社○○○○○
代表取締役△△△△△殿



会社や企業によっては、書式を用意しています。
ある場合は、その書式を利用しましょう。

でないと、受け取ってもらえません。
posted by taisyoku--negai at 00:08| 「退職願いの書き方」「退職届けの書き方」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

退職届け

退職届け

退職届け」とは?
退職願い」と違って、会社に一方的に退職の意思を伝えるもの。
自主退職する場合で、円満退職を希望されるなら「退職届け」ではなく「退職願い」にしよう。「退職届け」と「退職願い」は大きく意味が違うので。


リストラなど、会社の事情で退職せざるおえない時は、退職が決まっていれば
退職願い」を出す必要はないです。「退職届け」を出そう。
この場合、すでに決定事項・・・なので会社に辞めて良いか聞く必要はないですからね。
退職願い」でなくて「退職届け」を出しましょう。

退職願い」「退職届け」意味がまったく違う。
ここは、ひとつ「退職届け」「退職願い」使い分けて提出しましょうね。


社会人のマナーとして知っておいて、なおかつ使い分けができて損はないので!

退職届け」「退職願い」これひとつ取っても、あなたの人間性・品格などを上げるでしょ?
退職したからと言って、会わないとは限らない。また、ひょんな時に会ったりするでしょう?お互い気まずくならなくて良いように円満退職できたら良いですよね。

しかし、円満退職は簡単なようで大変だったりするのでね〜。
退職届け」とか「退職願い」というのは、大切ですね。

posted by taisyoku--negai at 21:27| 退職届け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

退職願い

退職願い

退職願いについて
退職願いは、「願い出」であって会社側の承認が必要。
退職願いは、退職の2〜3ヶ月前に提出するのが一般的。
急を要して退職しないといけない場合は、その限りではないが・・・。
法律で決められている2週間前までには退職願いを出しましょう。
退職願いの理由には、いろいろあるでしょう。
留学にため、独立・起業のため、家業を継ぐなどなど。

理由を説明すれば、退職願いを受理してもらえるでしょ。
引き止められる事もありますね・・・。
退職って、エネルギー使います。
退職願いはできるだけ穏便に受け取ってもらいたい。
穏便に、退職願いを受け取って貰えるようにする事が、重要。

手順としては、退職願いを渡す前にまず、口頭で簡単に上司などに
説明しておきましょう。
このとき、いろいろな理由を聞かれえるかな?

退職願いを穏便に受け取ってもらうためにも、この理由はちゃんと考えて・・・。
質問にも答えれるようにしておきましょう。

しっかりとした理由が無ければ
退職願いを受け取ってもらえないこともあるでしょう。
なんで?!と思いますが・・・。

まぁ、退職願いを受け取ってもらうためにも頑張りましょう。
社会人としてのマナーでもあります。
退職の理由は頭の中で、考えて
聞かれたら、伝えることができるようにね!


posted by taisyoku--negai at 18:09| 退職願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。